リアルネット
HOME
買いたい方へ
売りたい方へ
借りたい方へ

HOME   ≫売る   ≫不動産売却ガイド   ≫買い替えをご検討中のお客様  

不動産売却TOP

不動産売却の流れ

必要な経費と書類
売却成功のポイント
買い替えをご検討中の方へ
不動産売却Q&A
 
買い替えをご検討中のお客様


 不動産の売却では、『買い替え』という理由で 現在お住まいの物件を売却される場合が多いと思います。

 住み替える理由も、転勤、家族構成増減の問題、教育環境、ライフスタイルの変化など様々です。
 現在の土地で建替えるという選択枝もありますが、 上記のような問題であれば、買い替えという選択枝の方がメリットは大きいでしょう。

 さて、ここで問題になるのが、買い替えを考える時に、 『購入が先か、売却が先か』という問題です。

 双方のメリット・デメリットから、ご自身がどちらのほうが合っているか考えてみてください。

 ◆購入が先の場合


 現在住んでいる家を売ることを前提にして、その売却代金又はそれに別の資金を足して
 別の物件を購入するというもの。
 新しい物件を先に見つけ購入、引越しを済ませてから、現在の物件の売却にかかることになります。

 ≪メリット≫
    ・ゆっくりと購入物件を探せる。

    ・ 空家になった物件を見てもらえるので、生活感による見方の偏りが減る。

 ≪デメリット≫
    ・現在の住宅ローンが残っていると二重ローンになるため、資金にゆとりがないと新しいローンが組めない場合がある。

    ・購入物件の残金決裁までに売却を完了しないといけないケースであれば、 急ぎの売却となり金額が抑えられてしまうこともある。


 ◆売却が先の場合


 先に現住物件を売却して、その売却代金を基に次の物件を探すというケースです。

 売れるまでは現住物件に暮したままですが、早期に売れてしまうと、
 次の物件のあてがないまま引越をしなくてはなりません。

 ≪メリット≫
    ・ 売却価格が確定しているので、購入資金の計画が立てやすい。

 ≪デメリット≫
    ・ 売却後すぐに物件が見つからない場合は、仮の住宅に引っ越しする手間とお金がかかる。


                                                                                                  ≪不動産売却ガイドTOPへ

                                                                                                          ▲ページTOPへ

Copyright (C) 2011 realnet Co. ltd. All Rights Reserved.