リアルネット
HOME
買いたい方へ
売りたい方へ
借りたい方へ

HOME   ≫売る   ≫不動産売却ガイド   ≫不動産売却成功のポイント  

不動産売却TOP

不動産売却の流れ

必要な経費と書類
売却成功のポイント
買い替えをご検討中の方へ
不動産売却Q&A
 
不動産売却成功のポイント


 あなたが今まで大事にしてきた不動産を売却するのですから、少しでも高く売れる方が良いに決まっています。
 「築浅の物件が良い」とか、「駅から近い物件の方が良い」など、 一般的に見られるポイントはもちろんありますが、そういった物件の質には関係なく、
 売却を成功させるコツがあるのです。

 ≪TOPIX≫
 相場を知って早く売る  家を美しく  売主様の印象も大切
 断られた理由を聞く  写真を多く掲載する  内覧希望にはなるべく対応する

 POINT1 | 相場を知って早く売る
 

 売却手続きに入ると、もっとも大切になってくるのはその価格です。
 売主様としては、少しでも高く売りたいと思うことでしょう。
 しかし、住宅にも「適正価格」つまり相場というものがあります。
 売る時期がちょうど、その地域の不動産価格の高騰と波長が合えば、買った時よりも高く売れるかも知れません。
 しかし、ほとんどの場合は買った時より多少低い価格で売買されるものです。
 価格には築年数も影響しますので、建物の不動産売却価格が下がっていくのは仕方がないことです。
 
 地域の相場を知り、建物自体の相場を知り、それに見合った売却価格を設定できれば、契約成立の日が早まることは十分に期待できるのです。

 相場は我々仲介業者も、適切なアドバイスをしますが、売主様自身でも調べておかれることをオススメします。
 売主様自身の家に対する思い入れが強いと、適正価格といえる相場に納得ができず高い価格を設定して、結果として売れ残るということが起きてしまう
  場合があります。
 
 ですから、売主様自身にもどのくらいで売るのが妥当かという価値判断の基準を持った上で、私たちの査定価格を納得して売却して頂きたいのです。

                               

 POINT2 | 家を美しく

 購入者の立場に立って考えてみると、これから住むことを考えたら、重視するのは「住み心地」ではないかと思う方もいるはずです。

 しかし、「第一印象」とうのは大切で、外観は大切な見どころになるようです。
 内装が綺麗で、使い心地がよくても、外観がボロボロでは、内覧をする前に終了・・・ということになってしまうかも知れません。

 外観のケアのポイントは、
  1. 壁や擁壁にヒビが入ってないか、又、コケやカビが生えて緑色や黒くなっていないか
  2. 換気口が詰まったり、汚れた状態になっていたりしないか
  3. 雨どいに落ち葉が詰まっていないか
  4. 屋根の傷みや瓦のズレはないか


 それほどお金をかける必要はありませんが、そのままにしておくよりは、日曜大工程度でも、修繕・補修・掃除をすることにより印象は随分変わってきます。

 また、室内を美しくすることもとても大事な要因です。
 築年数が浅い家でも家の中が汚くては、内覧されたお客様の印象は下がります。
 理想を言えば、ショールームのような部屋が作れれば良いのですが、実際にそこで生活をすることを考えると厳しいですよね。
 それでも、この家に住みたい!と思わせるためにも、きちんと掃除をしておくことは大切です。

 室内の印象アップのポイントは、
  1. 玄関を整理整頓して美しくしておく。
  2. 蛍光灯が切れていないか確認する。
  3. 水回り(キッチン、トイレ、バスルーム、洗面等)をきれいに掃除しておく
  4. 内覧前には空気の入れ替えをする。


 こうして見てみれば、来客する時とそんなに変わらない程度の事ですね。
 しかし、この小さなことが売却できるかの明暗を分ける要素にもなりうるのです。
   


 POINT3 | 売主様の印象も大切


 物件を見る際、その第一印象が大事だという話をしましたが、印象ということでは、売主様の印象も大切な要因のひとつです。

 洗濯物や洗いかけの食器など、生活感のにじむものを出しっぱなしにしたり、パンツ一丁で部屋をうろうろとしたりしているのではお客様もゆっくりと見よう
  とは思いません。

 内覧の日は、近所へ買物に出かける時くらいのレベルの清潔な服装と身嗜みをいておきましょう。
 そして、親切で朗らかな対応をお願いします。
 見学者は買主様、つまりゲストでありお客様なのですから、丁重におもてなしをしましょう。

 かといって、必要以上に買主様に構うのはかえって逆効果となる場合もあります。
 実際、内覧に来たお客様に一生懸命売り込む方をよく見かけますが、そこまでする必要はありません。
 例えば、ショップで買物をしていると、店員がしつこくついて回って落ち着いて買物ができなかった…、という経験をどなたもお持ちでしょう。
 それと同じで、見学者の方は自分の見たいところを、自分のぺースで見たいものなのです。

 お客様は、すでに書面や写真で物件についてみているので、気に入った部分の確認や、分からなかった部分について見ておきたいと思っていらしています。

 あまりのアピールしすぎと、「売れなくて困っているのでは」と、変な勘ぐりを招く可能性もあります。
 お客様から聞かれたことがあればそれにお答えするという程度が、 好印象に映ると思いますよ。


 POINT4 | 断られた理由を聞く


 不動産を良い条件で売りたいという人がいれば、反対に良い物件をもっとも安い金額で買おうとする人がいます。
 そうした不動産の動向、地域ごとの相場やニーズなどの情報を優位に使いこなした人が、より良い成果をあげるのだと思います。

 そう考えると、ご購入を希望される方が内覧にいらした時は情報収集の絶好のチャンスです。
 なぜなら、売主様の物件をわざわざ見に来てくれるのですから、その物件に興味がある方に間違いはないのです。

 ただ、購入希望者は複数の物件を見比べ、物件を絞っていきますから、この物件を選ばないかも知れません。

 しかし、もし選ばれなかったとしても、実際に目で見ていただいたことに価値があります。
 その物件が選ばれなかったのには、必ず理由があるはずなのです。
 そこから、購入希望者のニーズを吸い上げていき、改善できるところは改善し、成約につなげていくことが重要なのです。

 今まで住んで慣れてしまっている自分たちでは気付けないことを指摘してもらえるのですから、内覧は最高の情報収集の機会といえます。


 POINT5 | 写真を多く掲載する

 
 実際に、写真が有る物件と無い物件では、写真がある方が問い合わせは多くなります。

 最近の不動産情報誌を見ても、以前に比べて写真が増えているのがわかります。
 建物の外観だけでなく、室内各部の様子がわかるような写真など、複数使われるようになっています。
 また、雑誌だけでなくWEB広告サイトや自社のHPなどに掲載する場合には、写真も多く掲載できます。
 建物外観や内部、庭、エントランスに加え、周辺環境なども掲載することによって、買主様も実際に住んだときのことを想像しやすいですよね。
 
 「実際に足を運んで物件を見たい」と思わせるためには、物件がより魅力的に見える撮影の工夫というものも重要になってきます。
 撮影の時は、多少面倒でも片付けをして、すっきりとした写真を撮れるようにしましょう。
 なるべく多くの写真を掲載したいので、せめて目に見える部分だけでも綺麗に片付けていただいて、綺麗な写真を掲載できるように協力をお願いします。
 遅いれ早かれ、売却が決まればお引越しすることになりますので、少しずつでも不要なものは処分していったほうが、後も楽になりますし、一石二鳥ですね。
 


 POINT6 | 内覧希望にはなるべく対応する


 基本的に内覧は、「今週の土日の午後に見たい」というような、事前に買主様の都合を聞いて日時を指定して予定が入ることが多いでしょう。
 しかし 中には、広告をご覧になられたお客様が「今から見たい」とおっしゃる急なケースもあります。
 お仕事をなさっていると急な内覧は難しいですが、ご家族で協力したり、なるべく内覧できるようにしてください。
 まず、いつも連絡が取れないという状況になりますと買主様の気持ちも冷めてしまいますので連絡だけはつながるようにすることが大切です。

 不動産をご購入したいお客様のスケジュールは様々です。
 内覧希望が入った場合は、せっかくのチャンスを無駄にしないために、極力ご対応お願いします。

 また、殆どのお客様は土日に見にいらっしゃいます。
 しかし、売主様が土日出勤のご家庭であれば、そこに対応していただくのは不可能ですよね。
 予約が入った場合の対応を、売却の担当者と事前に打ち合わせておくことも大切です。

 せっかく条件がぴったりのお客様がいらっしゃっても、内覧ができなければ売却は成立しません。
 売主様にもご都合はあると思いますが、スムーズに売却するためにも、買主様の立場になって、ご協力いただきたいと思います。

              


                                                                                                  ≪不動産売却ガイドTOPへ

                                                                                                         ▲ページTOPへ

Copyright (C) 2011 realnet Co. ltd. All Rights Reserved.