リアルネット
HOME
買いたい方へ
売りたい方へ
借りたい方へ

HOME   ≫買う   ≫競売代行TOP   ≫不動産競売の流れ   

不動産競売とは

不動産競売の流れ

競売のメリット・デメリット 不動産競売Q&A
 
  物件選定から入札 入札開始から開札 落札後から物権取得

  一般的な不動産競売の入札から落札までを依頼した場合のスキームを説明します。


物件選定から入札まで
 
 @お問合せ

   競売に興味を持たれたら、お気軽にお問合せください。不安な点などご相談いただければ、良いアドバイスを提供できると思います。



  A業務委託契約

   競売代行を依頼する場合は、業務委託契約を締結します。



  Bご相談・ヒアリング

   お客さまのご希望の物件をお聞かせください。



  C物件探し

   裁判所の競売情報からご希望に合った物件をお探しします。



  D物件調査と評価

   ご希望に添える物件が見付かったら、物件の調査と評価を行い、お客様にご報告します。



  E入札価格の決定

   上記の調査結果をもとに入札価格を決定します。


入札開始から開札まで

  @入札

   お客様に代わって入札の手続きをいたします。
   競売物件の入札保証金を入金します。
   ※物件の最低売却価格の20%をお客様にお支払い頂きます。



  A開札

   入札から7日後、開札となります。
   裁判所にて開札結果を確認し、お客様にご報告いたします。


   物件が落札できなかった場合は、また別の物件をお探しいたします。
   また、この場合は手数料は頂きません。


         ≫物件選定に戻る↑  
落札から物件取得・引渡しまで

  @売却許可決定

   開札後1週間で、売却許可が決定されます。


  A残金の納付・不動産登記

   裁判所へ入札残金を支払い、不動産登記を行います。


  B立ち退き交渉の開始

  物件に占有者がいる場合は、立ち退き交渉をします。


  C物件の引渡し

   立ち退きを終えて、引越しです。リフォームされる方はここからリフォーム開始です☆
   この時までに、競売代行手数料もご用意ください。



  これで全て終了です。
  お客様に面倒な手続きをさせないためにもお力になります!!
  お気軽にお問合せください☆


                                                                                                      ≪不動産競売TOPへ

                                                                                                          ▲ページTOPへ

Copyright (C) 2011 realnet Co. ltd. All Rights Reserved.