リアルネット
HOME
買いたい方へ
売りたい方へ
借りたい方へ

HOME   ≫買う   ≫競売代行TOP   ≫不動産競売Q%A   

不動産競売とは

不動産競売の流れ

競売のメリット・デメリット 不動産競売Q&A
 
不動産競売の疑問にお答えします!!

 Q1.不動産競売は誰でも参加できますか?

  A1.はい、誰でも参加できます。

    ただし、債務者本人や未成年、成年被後見人、以前に落札したのに代金を納付しなかったなどで買受能力がないと判断された場合等は
    落札できたとしても売却決定が不許可になります。


 

 Q2.競売物件はどうして一般市場より安いのですか?

 A2.競売に出される物件自体は一般の不動産と変わりありません。

   取引きの条件や方法が一般市場と異なるため、その特殊性が考慮されて安い評価になります。
   例えば、物件に瑕疵があっても売主に瑕疵担保責任を問うことが出来ません。
   また、事前に物件の内覧が出来ない場合が多く、物件の状態を見極めることが困難なことが多いのです。


 

  Q3.債務者の滞納した管理費を落札者が負担するのですか?

  A3.競売の制度上、債務者の滞納した管理費を負担する事になっています。

    ただし、多額の管理費滞納がある場合は、不動産鑑定士が物件を評価する際に、滞納額も考慮して価格が決定されるため、滞納額が多いから
    といって割高になるわけではありません 。


 

 Q4. 立退き費用は落札者が負担するのですか?

  A4.立退き費用(強制執行の費用など)は本来債務者の負担です。

    しかし、現実的に債務者はそういった金銭を負担できない場合が多いため、その場合は、落札者が肩代わりすることになります。
    落札者が負担した立退き費用は、債務者に請求することが出来ます。


 

 Q5. 住宅ローンは使えるのでしょうか?

  A5.はい、使えます。

    ただし、事前に内定が必要です。
    なお、銀行や申込人によっては、融資を受けられない場合もありますのでご注意下さい。

 

  Q6.最低売却価格にどれぐらい上乗せすれば落札できますか?


  A6.物件によってさまざまです。

    一般的に『最低売却各の1.25倍で入札すれば落札できる』と言われていますが、間違いです。
    物件によっては、最低売却価格で落札できる物件もあれば、最低売却価格の数倍で落札される物件もあります。
    後者の場合でも、市場価格よりは安く買えていると言えます。
    どのような物件でも法外な入札価格なら落札出来ますが、その物件に適切な入札価格が好ましいと言えるでしょう。

 
参考になりましたか?

不動産競売に関する皆さんの疑問・質問をお待ちしています(*^_^*)  
●競売代行についてのお問合せはこちら●
メール
メールお問合せ
お電話
電話お問合せ

                                                                                                      ≪不動産競売TOPへ

                                                                                                          ▲ページTOPへ

Copyright (C) 2011 realnet Co. ltd. All Rights Reserved.