リアルネット
HOME
買いたい方へ
売りたい方へ
借りたい方へ

HOME   ≫住宅ローンTOP   ≫中古住宅の融資

住宅ローンを組むまでの流れ 住宅ローンの種類は? 住宅ローンの選び方のポイント 住宅ローンの審査の基準は?
中古住宅の融資条件 リフォームローンと買い替えローン 住宅ローン控除とは? 住宅ローンQ&A
 
中古住宅の融資

 ◆中古住宅について
   文字どおり、新築ではなく築後何年か経過している住宅のことをいいます。
 
 ≪メリット≫
  @価格が安い。
    
築年数の長い物件ほど価格は安くなりますが、その分、担保価値も下がるということです。

  
Aリフォームなどをして自分の思いに近い家にすることが出来る。

  
B立地条件の良い物件を選べる。
    
住宅そのものが安いので住環境(駅から近い、学校や病院などがある等) に重点を置くことが出来ます。

  
C実際の眺望、日照、騒音、通風状態などを確認できる。

 ≪デメリット≫
  @耐震性が十分でない物件もある。(とくに昭和56年以前のもの)

  A建物のデザインが古いこともある。

  B税金の軽減措置が受けられない場合がある。
  ※1.築25年以上の物件で一定の耐震性を備えていない物件
    2.延床面積が50u未満の物件                     は、税金の軽減措置が受けられない。

 

 ◆中古住宅について
   文字どおり、新築ではなく築後何年か経過している住宅のことをいいます。
 
 ≪メリット≫
  @価格が安い。
    
築年数の長い物件ほど価格は安くなりますが、その分、担保価値も下がるということです。

  
Aリフォームなどをして自分の思いに近い家にすることが出来る。

  
B立地条件の良い物件を選べる。
    
住宅そのものが安いので住環境(駅から近い、学校や病院などがある等) に重点を置くことが出来ます。

  
C実際の眺望、日照、騒音、通風状態などを確認できる。

 ≪デメリット≫
  @耐震性が十分でない物件もある。(とくに昭和56年以前のもの)

  A建物のデザインが古いこともある。

  B税金の軽減措置が受けられない場合がある。
  ※1.築25年以上の物件で一定の耐震性を備えていない物件
    2.延床面積が50u未満の物件                     は、税金の軽減措置が受けられない。

 

  ◆中古住宅の融資条件
   例として、『フラット35』の融資を受けるための条件を挙げておきます。

  @住宅の敷地は、道路に2m以上接すること。

  A住宅の床面積は、一戸建て70u以上、共同住宅は30u以上であること。

  B住宅は、二つ以上の居住室、炊事室、便所、浴室があり、独立した生活を営むことができるもの。

  C住宅は主要構造部が耐火構造もしくは準耐火構造であること。

  D耐久性基準に適合する住宅であること。

  E住宅は、構造耐力上主要な部分等及び給水、排水、電気その他の設備が安全上、衛生上、耐久上支障のない状態であること。

  F耐震評価基準を満たしていること。


                                                                                                    ≪住宅ローンTOPへ

                                                                                                       ▲ページTOPへ

HOME | 会社紹介 | お問合せ | 報酬額について | 税金について | リンクについて | プライバシーポリシー  | サイトマップ

Copyright (C) 2011 realnet Co. ltd. All Rights Reserved.